私たちは「地球のお医者さん」です。
ジェンティは、「その人がその人らしく」を応援しています。 ジェンティに関わることで、誰もが自分らしく、 美と健康と生き方を通しての「幸せ」はもちろん、 「仕事」を通しての「成功と幸せ」も、いっぱい味わっていただきたいと想います。 そのために、今は思いっきり準備をしております^^ 共鳴していただける方は共に、 人と地球に優しい、本当の意味での「幸せと成功」を共に歩みましょう。
ホーム日記
日記
日記:830
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 42 次のページ»
2017年09月12日
ジェンティ株式会社とは、地球医学を世界に広める会社です。
地球医学とは、
「地球そのものを良くすれば、人は健康になる。」という考え方です。
今増えている病気のほとんどは、地球環境の悪化が原因といえますね。
医学は進歩しているのに、病気や病人は増え続けています。
なぜなら、医学の進歩以上に、地球環境の悪化が進んでいるからです。
さらに言えば、医学の進歩そのものが、病気や病人を減らす方向へと向かっていないからです。

本当の情報を、お伝えしていくことは大切なことですね。
テレビや新聞や、通常の学びの中では知ることのできないことが、世界や社会には、多く存在しています。
だからこそ、地球医学を、もっと真剣にお伝えしていきたいと思っています。
今、私自身が、原点回帰を目指しています。
人と地球を癒やすことに、全力を固めたいと思っています。

自らを癒やし、他者を癒やし、世界を癒やすこと…。
人と逢っては、人を癒やす…。
友と逢っては、友を癒やす…。
敵と逢っては、敵を癒やす…。
鬼と逢っては、鬼を癒やす…。
仏と逢っては、仏を癒やす…。

天国でも地獄でも、生き方は変わりません。
そこに存在している方へ…、
その方の先に存在している方…、
その方の先に存在している方の向こうにあるあらゆる憂いに対して…、
そのことに対して今できる自分の最善を尽くすことをさせていただき、その方がその方らしく最良の幸せを育むことに対して、何かいつもお役に立てられましたらと願っています。

ジェンティ株式会社は、毎日、前進と向上を願っている集団です。
でもまだ足りないことばかりで、ご迷惑をおかけする毎日です。
精進致します。
まだまだ若輩ですが、何とぞお見守りのほど宜しくお願い致します。







.

2017年09月04日
良い言葉を使うことは、とても良いことです。
僕が好きでいて、良かったらお使いいただきたい言葉が5つあります。
ありがとうございます。
愛しています。
ごめんなさい。
許してください。
いつもあなたと共にいます。
この5つです。

「ありがとうございます」は、感謝を表します。
「有難う」が語源であるように、奇跡を意味し、その存在そのものを称賛します。
自らを、謙虚にもさせます。

「愛しています」は、無償の愛を表します。
愛には「◎◎したら愛する」などの条件が無く、存在そのものを受け入れることです。
自らを、素直にさせます。

「ごめんなさい」は、侘びを表します。
相手に尽くす決意であり、侘びは「心と宅」と書きますが、内側を見つめる行為です。
自らの、反省でもあります。

「許してください」は、謝罪を表します。
それは罪を認めることであり、生きながらに犯している罪を認め、人を許すことです。
自らが、他者の罪を背負うことです。

「いつもあなたと共にいます。」です。
これは、すべてのものとのつながりを表します。
つながるということは孤独を癒やすことであり、他者を永遠に見守るということです。
自らが、成長を決意することです。

この五つの言葉を組み合わせると、最大のパワーを発揮します。
日常の中で、使えそうなタイミングがあれば、出し惜しみせずにお使いください。
大切な人や、そうでもない人や、顔見知りの人や、まだ出逢ってもいない人や、許せない人に対しても、思い浮かべて唱えてみてください。
それだけで、不思議といろいろなことがより良くなっていきます。

今日もあなたの最善最良をお祈りしています。
ありがとうございます。







.
2017年08月28日
ジェンティの事務所には、全国のいろいろなところから相談に訪れる方がいます。
その時に、僕が最初にお話しをさせていただくことは、「未来は決まっていませんよ。」ということです。

ですから、「私はこれからどうなりますか?」とか、
「これをすれば、必ず良くなりますか?」とか、
「どうせ私には、良い未来はやってきません。」などは、すべて当てはまりません。
すべては、今この瞬間からどうするかで、世界は変わってくるのです。

ですから、最善を尽くすのみです。

最善を尽くすことと、未来をあきらめないこと。
未来をあきらめないコツは、ゴールの先までイメージすることです。
その未来が叶っていることからさらに、その先の未来までイメージすることです。
未来の先が見えるとき、その未来はもう、始まっているということなのです。

しかし、決まっているわけではありません。
ですから、常にイメージし続けることです。
そうしたときに、あなたはもう、夢の中に生きているということなのです。







.
2017年08月21日
使うことで、人の心と体と肌を癒やします。
そして、流れた排水が、地球環境の水や大地を癒やします。
そのポリシーが、私たちがお届けしているすべての商品に込められています。

これから先の、数百年後でも、数千年後でも、いつまでも地球が美しい星でありますことを想って、地球医学アイテムを世界に広めていきたいと想っています。
良かったら、皆様のお力もほんの少しでも良いですから、お借りできましたら幸いです。
この日記をお読みくださったあなたの、お力を借りできましたら有り難く思います。








.
2017年08月18日
僕はよく、甘ちゃんだと言われることがあります。
社長として、先生として、人として、男として、もっと厳しくあって欲しいと言われます。
確かにそうですね。
それもまた、必要なことと思います。
でも僕も、究極の時には厳しくありたいと思っています。
厳しさとは、相手に痛みを求めることでもあります。
だったら、その20倍の痛みを自分が背負う覚悟があって、初めて人に厳しくしてありたいものですね。

インディアンのある部族は、妻が出産する際に立ち会うと、その痛みを共感しようとして、男性は腹を切るそうです。
相手以上の痛みを背負うことこそが、誰かの痛みを消して、心を癒やすことになります。
良いことを言うとか、優しい仕草を見せるとか、それは思考には通じても、心の奥底には届きません。

厳しさもなく、ただ相手が成長することを見守ることは、それもまた同じことです。
その分の痛みを、分かち合う覚悟があるからこそ、見守ることができるのです。
愛のある厳しさとは、愛を持って最後まで見守ると言うことなのです。

















.
2017年08月16日
5次元世界が、物理学でいう量子力学だとすれば、6次元世界は、「超弦理論(ヒモ理論)」の世界です。
量子という最も小さな粒子よりもさらに小さいもの、素粒子を構成しているものは、一本のヒモという名の波動の世界になります。
そこまでいくと、人間と動物や、花や草や木や大地、大空や海など、全く差が無くなります。
世界人類の平和をさらに超越した、生きとし生けるすべてのものの幸せを望む世界観です。
そう考えられる人は、6次元の魂のレベルの人といえます。

それを、行動として、日々の実践の落とし込んでいるものが、「地球医学」です。

地球医学では、使うことで人の心と体の健康に役立つこと。
洗い流した水が、地球の環境を癒してそこで暮らす命をはぐくむもの。
そんな想いで、すべてのものが生み出されています。

毎日の暮らしの中で、地球環境に貢献できるのです。
そして、兄弟のような、家族のような存在である、すべての命に対して、優し活動ができるのです。





.


2017年08月14日
物理学における、5次元世界は量子力学の世界です。
量子の世界においては、あらゆるものは振動によって響き合い、つながっているということです。
これを、私たちの価値観のレベルでいえば、「集合意識の世界」です。
集合意識の世界では、目の前の人やご縁のある人だけでなく、地球上の裏側の人さえも私たちはつながっているということです。

そう考えると、世界のどこかに一人でも不幸な人がいれば、私も十分には幸せではないという考え方になります。
世界中のすべての人の価値観がそうなると、地球の裏側のことまで考えるようになるので、世界から争いは消え、貧富の格差や差別は無くなります。

まさに、「世界人類平和」の世界になります。
5次元の世界では、人と人とは心のさらに奥の部分でつながっています。
一人がそう目覚めると、近しい誰かに影響を与え、その人を目覚めさせます。
すると、その方の近しい誰かにも影響を与え、5次元の世界観で生きる人が増えていきます。
私はこれを、「5次元ドミノ」と呼んでいます。

いつか必ず、世界は5次元の世界観の方々であふれていくことでしょう。
そのためにも、本日も今できることを、最善を尽くしてやっていけましたらと思い、精進いたします。






.
2017年08月12日
4次元の世界とは、どんな世界でしょうか?
物理学的には「時間の世界」ですが、魂の価値観としては「心の世界」です。
心というものは、時間と同じように目には見えないものです。
心の中では、思い出という過去にも、夢や希望という未来へも、自由に行き来ができます。

4次元の世界観で生きていると、他者の心を中心に考えるようになるので、「思い遣り」を持ったり、「ご縁」を大切にするようになります。
次元が上がっていくというのは、魂の価値観が上がっていくということなのです。
より、広いものを大切なものとして思えるようになることを、次元が上がるというのです。
3次元世界では、肉体とそこから来る感情だけでしたが、自分よりも他者を尊重できるようになるのです。
そして、次元が上がるということは、迷路を上から見られるようになるということです。
迷路は、平面で見ていれば、壁につまずきますが、上から見ると抜け道がよく見えます。
何かに迷ったとき、上の次元から見ると、答えがよくわかります。
つまり、「その道は、自分だけでなく、どれだけ多くの方に役立つのか?」を、中心軸として考えてみるのです。
4次元の世界で生きている人は、相手の心にも敏感になるので、言葉もきれいになります。

美しい言葉。
思い遣り。
ご縁を大切にすること。
過去をよく理解して、未来を導くことができる人。
私たちも、できましたら、そんな人になりたいものですね。

良いお盆のひとときをお過ごしくださいませ。












.
2017年08月10日
私たちは、3次元世界に生まれてきて、3次元世界の価値観で育ちます。
それは、肉体を持って生まれてきた宿命であり、命があるということは、微生物から植物から動物から霊長類に至るまで、ある意味での“肉体”を持っています。
肉体があるからこそ生まれるもの、それが「感情」です。
3次元世界とは、「肉体や感情」の世界観なのです。
肉体があるから、生きること病になること老いていくことなどの悩みが生じ、美しいや醜いなどの執着が起こり、起きて食べて眠ってなどの日常が生まれます。
仏の道では、「生きている一日は、死してからの1000年に勝る」という言葉があるように、生きているからこそ、感情があるからこそ学べることがたくさんあるのです。
赤ちゃんはまさに、肉体中心で生きているといえます。
だからこそ、お腹が空いたら泣きますし、眠たくなったら素直に泣いたり眠ったりします。
では、私たちが年を重ねるということは、次元が上がるということでしょうか?
下がるということでしょうか?
もちろん、人それぞれですが、下がる人も多いのではないでしょうか?

2次元世界の価値観は、「肩書やお金」の世界観なのです。
赤ちゃんは、お腹が空いたら泣きますが、お腹がいっぱいになれば欲しがりません。
しかし、多くの大人は、今、足りているのに欲しがります。
地位や名誉やお金を、です。
すると、奪い合いが生まれますね。
あなたは、人を判断するときに、どんな価値観で向かい合いますか?
人間性や人間力ですか?
肩書や年収でしょうか?
赤ちゃんは、ぬくもりや人間性を感じ取り、相手を判断します。
だからこそ、ノーベル賞をもらうよりも、赤ちゃんにべろべろバーをして笑ってもらえることのほうが、尊いことであり、次元としては高いことなのです。

素直な気持ちや感謝、そして裁かない心。
愛すること、受け入れること。
私たちは、赤ちゃんのときに持っていた気持ちを、忘れないで生きていきたいものですね。












.

2017年08月09日
ある日、こんな質問をされました。
その方はきっと、周りにいる明るい方とご自身を比べ、そのようにご質問されたのだと思います。

僕は、こう応えました。
「闇が濃いほど光が強くなるように、暗闇を持っている人ほど、人は明るくなれるんですよ。
例えば、部屋の灯りが強ければ、暗い外の景色を見ることはできません。
部屋を暗くしてみると、外の景色のほのかな明かりにも気付くことができるようになります。

人間も同じですよ。
自分を明るさで満たそうとすればするほど、周りの明るさに気付くことができなくなります。
すると、大切なものが何かが見えなくなってきます。
自分の内側に少しでも闇を持っていると、誰かや何かの明るさに気付くことができて、それに“御陰様”と思えるようになります。
それが、感謝したり、優しい気持ちで人に接したりできる、そういう生き方です。
それが、明るい人なんです。」

だから、もしも暗い自分があるとしたら、だからこそあなたは明るい人なのです。
だからこそ、優しい人なのです。
優しいは、憂いを持っている人と書きます。
そしてそれは、優れているということなのです。








.

2017年07月23日
子供のころ、ウルトラマンや地球防衛軍が、怪獣から地球の平和を護るために戦う姿を見て、僕もいつかあんなふうになりたいなって思っていました。
今、その夢は半分は叶っています。

ミサイルの代わりに、僕らは日々のシャンプーを使用します。
必殺ビームの代わりに、毘盧遮那エステで誰かの肌と心と体をトリートメントしています。
ウルトラマンに変身はできないけれでも、愛如を唱えれば遠く離れたあの人を癒すこともできます。
そう、地球医学活動とは、地球防衛軍のことなのです。

それを、日々の暮らしの中で、誰もが実践していくことができることなのです。
さらに、私たちにできることは日々増え続けています。

新しく出た「ルマンジュクリーナー“DAINICHI”」は、洗濯や食器洗い、または食材を洗ったり、それを食したり洗った洋服を着るだけで健康の輪が広がる。
洗い流した排水が、地球の環境を浄化していく。
いつか必ず、世界中の人々に使っていただきたいです。
そうなったら、世界平和はもうすぐそこです。

他にも、あんなアイテム。
こんなアイテム。
あんなこと良いな、できたら良いな、あんな夢やこんな夢、いっぱいあって、それを叶えていけるように、日々できることをやり続ける。
それが、地球防衛軍、地球医学活動なんです。
2017年07月17日
今は、四国からの出張の帰り道、新幹線の中です。
ここ数日で、久しぶりに体力のピークを体感した感じですね。
2か月前からの、セミナー&セッション、新アイテムの開発、ギリシャツアー、事務作業や原稿入稿。
すべてには、大きな意味がありますが、さすがに体が少しだけ悲鳴を上げています。

でも、その果てには、笑顔があります。
20年前に流行った、エレファントカシマシの「悲しみの果て」のように。
昔は、悲しみが美学だったから好きだった歌で、ふっとたまに浮かぶんですよね。
「涙の後には、笑いがあるはずさ、誰かが言ってた。
本当なんだろう。
いつもの俺を笑ってしまうんだろう。」
悲しみも、疲労も、期待の裏切りも、ばかばかしさも、うっとおしさも、やるせなさも、やぶさかでなさも、すべて通り越すと、笑顔にしかならない。
どんなことも、とことんやったら笑顔にしかなりません。
だから、結局はすべてを許し、すべてを愛するしかなくなります。

例えば。
だから、ベイベー。
ベイベー。
アイニージュ、ベイベー。
昔の歌のように、ベイベーで逃げることと、ベイベーで許すこともたまには悪くないですよね。














.
2017年07月16日
多忙に追われていると、自分を見失うときがあります。
心を亡くすと書いて、忙しいというように、忙しすぎるとき、人は自分を見失います。
それでも、それを乗り越えようとして一心に前へ前へと進もうとするとき、階段を上ることができます。

疲労にまみれ、もう前へ進む気力がなくなるときも、たまにはあります。
そんなときは、原点にかえって立ち止まり見つめてみることです。
僕の原点はと思って辿ってみると、会社を立ち上げた苦しかった頃のこと、学生時代の生きることへともがいていた頃のこと、正義の味方になりたかった少年時代の頃のこと、この世で全うしたいことにあふれた生まれたばかりの頃のこと…。
若かりし頃の家族や街並みに包まれたころまでへと辿ってみると、あれから少しは成長もしていて、今が多くのものに囲まれている幸せな状況なのだと気付くことができます。
少しの睡眠をして、また新たなやるべきことへと進む気持ちになれます。

今やるべきことはたくさんあります。
地球医学の普及。
仲間たちが成幸に包まれること。
フリーエネルギーの確立。
争いの無い世界。
その人がその人らしく生きることができる社会。
身近で言えば、信頼しあえる仲間。

大きく言えば、世界平和。
そのためには、今日からもまた更に朝も早く起きて、健康を調えて、事務所に行けば新しい商品の開発をし、目の前に病人がいれば寄り添い向き合い、電車に揺られて日本中を駆け回って地球医学を伝道して、一人の時間の際には祈りを送ること。
ただただそれを繰り返すことができる自分でありたいなと、そう思います。














.
2017年06月18日
見知らぬ土地で、見知らぬ言葉、見知らぬ人と出逢う。
少しずつ慣れてきて、少しずつ心を通わせることができて、少しずつ仲間が増えていく。
そうして、気づいたら自分の居場所が生まれている。

これまでできなかったことができるようにもなって、必要とされることが増えていく。
自らの役割を担えるようになり、やがて誰もがかけがえのない存在となっていく。
人生は、旅に似ていますね。
これから、ジェンティは世界に羽ばたくようにと、いつもイメージをしていきたいと想っています。
今日まで、ほんの少しの間でしたが旅に出ていました。

旅に出ることで、新しい自分と出逢うこともできます。
それは、新しい自分の命(役割)に気づくと言うことです。
たくさんパワーアップして、また皆様とお会いできますことを、心より楽しみにしています。














.
2017年06月18日
子どもの頃に、「かっこ良いことはかっこ悪いことで、かっこ悪いことはかっこ良いことだ」って言葉を、聞いたときからそれが自分の生き方の芯のようになりました。
だから僕はいつも、一番みっともない生き方を選びたがる。
その上で、それを全うしていけば、それが最も美しくなれるのだと信じています。

世界の色んなところに旅をしていると、色々な生き方の人に出逢います。
そのどれもが、正しい生き方です。
でもたまに、違和感を感じる生き方があります。
その豊かさは、誰かの貧しさの上に成り立っていると言うこと。

だとしたら、最も貧しい生き方を僕は選んでしまう。
世界中には、そんな生き方をしている人がたくさんいます。

豊かさを楽しもうとする前に、何もないことが豊かなのだと感じられる人になりたい。
世界のたくさんの美しい景色や、世界遺産、世界の中心と言われる絶景もすべて、そこに暮らす人からすれば日常です。
今、あなたの日常も、世界の最も素晴らしい景色の一つです。
どこにいても、世界の宝物とつながることはできます。
だとしたら、清くも、貧しくもありたいなって言うのが、小澤頼仁流。

ps.
お写真は、6月10日の善光寺ツアーでの夜のお百度参りのものです。
次回は、7月1日です。
毎回、本当に有り難いくらいのお力が降りていることに感謝しています。











2017年06月13日
人は、二回死ぬと言います。
一度目は、肉体の死を迎えたとき。
二度目は、誰の記憶からも消えたとき。

言い換えれば、誰かが覚えている限り、その人は半分は生きていると言うことです。
でも、もっと大切なことは、記憶からは消えていたとしても、もっと深い部分で、その人の息吹が生きていると言うことです。

忘れ去られてしまっても、その人が生きた息吹は残ります。
何気ない優しさは、さりげな思い遣りは、記憶には残っていなくても、誰かを救っているでしょう。
あなたのことを忘れていても、あなたがいたから救われている人は、たくさんいます。

その積み重ねが、“永遠の命”です。

だから今日も、誰に評価されることもなくても、私たちは目の前のことに精進していきましょう。
大丈夫です。
明日は、明るい日です。

ps.
善光寺から帰りまして、太陽のお写真です。
最近は、少し涼しく、明るいのに陽射しが優しい。
そんな日々をありがたく想います。


















2017年06月05日
地球医学とは、「地球そのものを良くすれば、人は健康になれる。」という考え方です。
東京湾に限ってみれば、海洋汚染の七割は家庭排水によるものです。
つまり、各家庭での洗剤やシャンプーなどの垂れ流しこそが、日本の海を汚しているのです。
だとすれば、一人一人が気にかければ、美しい海を取り戻すこともできるはずです。

ちなみに、我が家ではこの11年間、洗濯や食器洗いなどで、一度も洗剤を使用していません。
家全体が、マイナスイオンいっぱいの水ですので、水の力だけで汚れというプラスイオンを洗い流すことができるのです。
洗剤は一切使いませんが、お風呂でシャンプーは使います。
ジェンティの“地球を愛するシャンプー”は、「洗い流した排水が、地球の環境に優しいものでありたい」という想いから生まれました。

原料には、ここだけのオリジナルをいくつか使用しています。
一つ目は、「ピースイオンパウダー」です。
マイナスイオンいっぱいのパワーストーンの粉末で、遠赤外線も常温で多量に放射しています。
さらに、半径三メートル以内の方を癒やすような波動パワーも入っています。

二つ目は、「モンド酵素」です。
松竹梅を中心とした、生命力の高い植物から生まれた酵素です。
複合発酵技術によって、熱にも酸アルカリにも強い酵素になっています。

三つ目は、「ヒメガマ」です。
古事記に登場する因幡の白ウサギのお話にあるように、傷を修復する力があります。
それだけでなく、浄化の力も高いので、髪を洗うだけで髪はもちろん体内も浄化されて軽くなります。

地球を愛するシャンプーを、世界に発信したい!
そんな想いが今からもう、7年以上前です。
世界中の人が、地球を愛するシャンプーを使えば、必ず海の汚染は食い止められます。
それだけでなく、一人一人の健康にもつながります。
健康につながることは、一人一人の平和な心にもつながります。
それは、世界平和へのスタートでもあります。

地球を愛するシャンプーは、地球が200年後も美しい環境であるために生まれたものなのです。
















.
2017年06月01日

オプティックウォーターとは、最近、ジェンティで新登場の美味しいお水を作るアイテムです。
とってもおすすめです!
オプティックプレッシャーという言葉は、浸透圧を意味します。
オプティックウォーターとは、「きわめて浸透力の強い水」という意味です。
浸透力が強いということは、体の隅々にまで浸透していくということです。
水は、水の分子が集まって「クラスター(分子集団)」と呼ばれる、水の粒子からなります。
通常は、水分子が15個くらいが連なってクラスターとなっています。
皆さんも、お水を飲んでお腹にたまるという経験は、ございませんか?
それは、クラスターが大きい水なのです。
水を飲むと冷える。
水を飲むとむくむ。
それらは、すべてクラスターの大きな水ということです。

クラスターの小さい水は、お腹にたまりません。
ですのでたくさん飲めますし、体をクリーニングしながら、すぐに排泄に進みます。
ですから、かえって代謝を良くして体を温めたり、むくみを解消します。
オプティックウォーターは、飲むことで体にどのような影響を与えるでしょうか?
例えば、脳です。
脳血流が良くなりますので、認知症対策にもなり、集中力や記憶力も上がるかもしれません。
例えば、血液です。
血糖値やコレステロール値の改善や、血圧の安定にも良い影響を与えるでしょう。
例えば、体の隅々です。
体質改善を促すので、アトピーやアレルギー、がんなどにも良いかもしれませんね。
例えば、美容です。
水みずしいお肌を作り、代謝を良くしてダイエットにも良い影響を与えてくれるでしょう。

この夏、毎日の水飲みで、若さと健康を手に入れていただけましたらと思います。









.
2017年05月30日
いつもお世話になり、誠にありがとうございます。
5月27~28日(土日)に、長野県の善光寺に行って参りました。
全国から、総勢65名の方々がお集まりくださいまして、各々の方による御供養や御祈願をさせていただきました。
各家庭の御先祖代々や、心願成就、水子供養など、様々の御祈願がありました。
僕はもう30回ほど来ており、身内や関わる方の御供養は毎回させていただいておりますのです、「11世紀ヨーロッパ十字軍遠征によるキリスト教徒イスラム教徒戦没者御供養」をさせていただきました。
これで、現代までに続いている宗教戦争の“業”が、少しでも解消されましたらと願っております。
ジェンティ一行が御参拝させていただきますと、善光寺の方のお計らいにより、「特別大法要」なるものをしていただけます。
善光寺の僧侶の方々が約20名ほどで、御経を唱え、舞をし、楽器を奏で、蓮の花を散らしながらの法要です。
それを体験させていただきますと、不思議と心が洗われるような感じがします。
きっと、魂までもが洗われているのでしょう。

どこかでお会いできましたら、僕が今回に得たもののお話をさせていただきたいと思います。
善光寺は、心と体と魂の健康を授けてくれる場所です。
今年は、あと2回行かせていただきます。
「一生に一度は善光寺参り」です。
ご縁がございましたら、ご一緒できましたらうれしく思います。









2017年05月24日
進化するということは、進みながらも化けるということです。
それには、前に進むことが必要ですね。

ひたすら、前に進むこと。
せっせせっせと、前に進む。
まっすぐ、まっすぐ、前に進む。
その先にきっと、進化はあるのです。

だから今日も、まっすぐまっすぐ、せっせせっせ、前に進む。







.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 42 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス