EARTH REVIVAL 地球再生アイテムをお届け!

グリーングリーン ビヨンド

グリーングリーン ビヨンド
こんばんは。
小澤頼仁です。
グリーングリーンについて、1~4に渡り、日記にて書かせていただきました。
ある朝目が覚めると、何だか急にグリーングリーンの歌詞が気になって、歌に登場する“僕”に僕がなりきってみて、降りてきた情報を書いてみました。
そんな時って在りませんか?
何だか急にその歌が気になって、急にどうしようもなくて急に聴きたくて、急に語りたくなること。
今回のグリーングリーンは、決して公式な歌詞の訳ではありませんので、どうぞご了承のほど宜しくお願いいたしますね。
そして、“僕”が伝えたかった、最後の幻の8番を書かせていただきますね。
1960年代に少年だった“僕”も、もうすぐ古希を迎える年頃になりました。
♪♪♪

ある日、孫と二人で語り合ったさ。
生きる悦び悲しみ、そして時は続くことを。
グリーングリーン
青空には、風がたぎり。
グリーングリーン
丘の上にはララ、緑が育む。

その日僕は旅立ち、バトンを渡したさ。
生きる意味と役割、そして永遠の命を。
グリーングリーン
青空には、風が赦し。
グリーングリーン
丘の上にはララ、緑が尽くす。










.